ポジティブ

会社として求める要件

私たちが考える「ポジティブな人」は、自分に自信があり、周囲を明るくする人のことです。
その人たちに共通するのは下記の通りです。

①今までの人生で誉められた回数が人よりも多い人
②常に目標に向かって行動している人

①誉められてきた内容は、勉強やスポーツ、容姿、営業成績など何でも構いませんが、誉められて育った人は、自己肯定感が高く、仲間や物事を肯定的に見ることができ、他者に対してもポジティブな発言をおこない、賞賛することを惜しみません。

②「ネガティブ思考は立ち止まっている時に起きる現象」だと考えており、目標に向かって突き進んでいる人でネガティブな人はいません。文句ばかりで行動しない人ではなく、行動によって自らを変えていく人が世の中を変えると信じています。

ただし、「悲観的に考え、楽観的に行動する」という言葉もあるように。ビジネスにおいては最悪のケースも想定しなくてはなりません。「こんなことは起こらないよね」と「楽観的」に考えるのではなく、起こり得ることは全て「想定の範囲内」になるように考えた尽くした上で行動するようにしていただきたいです。

実際のビジネスの場における具体例

新しい事業検討がスタートし、その初期メンバーにアサインされた。
「ありとあらゆるリスクの洗い出しをまず行おう。慎重すぎることはない。それが済んだら、後は事業拡大に向けて突き進むのみ!仲間と一緒に絶対成功させるぞ!」

業績の進捗が計画通りに行っておらず、メンバーの雰囲気がやや沈みがち。
「90%まで進捗しているなら後10%じゃん!過去にここから20%分進捗したこともあるから頑張ろうよ!解決に向けて1つ提案あるんだけどいいかな?」

同期間で競争。
「同期が早くも予算達成して本当に嬉しい!でも負けてられない。同期が出来たら私にも出来るはずだから!頑張ろう!」

社員インタビュー
当社の求める「ポジティブ」に対する
自分の考えとその必要性

アプティはスピーディーな会社です。状況は日々目まぐるしく変わっていき、それに対応していく必要があります。

ここで、ネガティブな方は、「さっきの指示がもう変わったのか」や「最初からそう言ってほしい」などと、歩みを止めてしまう可能性があります。
しかし、ポジティブであれば、その状況を楽しむことができ、「どうしたら最大の成果を上げることができるか」を考えることができます。
よって、行動をし続けている人と、止まってばかりの人では、同じ期間での成長スピードが段違いなのは明白です。

AHR事業部:れおさん

さらに、ポジティブな人ばかりの環境であれば、「ミスをしたとしても、それを糧に次は同じ失敗をしないようにしよう」「困難に直面したとしても、乗り越えられない壁はないと考えて頑張ろう」と考えられるようになるので、日々の仕事も自ら主体的に行うことができます。
幸いなことに、アプティにはポジティブな人しかいません。毎日仕事を楽しんでいる方ばかりなので、活気が溢れています。私自身も日々成長を実感できる環境で仕事ができているので幸せです。

「ポジティブ」エピソード

私は本配属となったその月から新事業のメンバーにアサインされました。
上長に、「新事業メンバーにアサインされ、どう思った?」と聞かれましたが、その時に私が咄嗟に発した一言が「全力でやります。」でした。
この時に私は、0から事業を創ることができるということは、私の努力次第で結果を出すことができる、つまり、結果を出すことができればその後もまた新事業に挑戦することができると考えました。

この貴重な機会を与えていただけたのは、私の普段の姿を評価していただけたからだと思います。
だからこそ、これからも全力で頑張り、期待以上の成果を出そう・・・とポジティブを連鎖させて、考えていることに気付かされました。
このポジティブな思考を継続していくと、困難な状況でさえも楽しむことができ、余計なことを考えずに済むため、成果を出しやすくなると考えています。

代表メッセージ
求職者に向けてのメッセージ

私の経験で言うとビジネスパーソンは、結果が出ていない時に不安と不満を履き違えて「ネガティブ思考」に陥ります。
そして結果が出ていない理由を自分ではなく、(会社や上司など)他者の責任にしてしまいます。

<腐ったリンゴは伝染する>
数字が出なくても打席に立ち続ければ必ず出るようになりますが、腐ったリンゴになったら戻れません。そしてネガティブな人は、同じように愚痴を吐けるネガティブな人を探して自分の居場所をみつけます。
人間はネガティブなことや陰口ばかり言っている人と一緒にいると自分もそうなってしまう生き物なので、残念ながら当社には腐ったリンゴの居場所はありません。また当社のメンバーにも「ネガティブな人よりもポジティブな人との時間を大切にして欲しい」と思っています。

<腐ったリンゴにはさせない>
当社では未経験者でも結果が出せるような「ビジネスモデル」と「指導」を徹底しています。また「日本一上司が部下にフィードバックをする会社」を目指しているので一人ひとりの「不安」の解消にも全力を注いでいます。
だから、皆さんは安心して「あなたといると楽しい、わくわくする」と言われるような人間性を目指して欲しいと思います。