40代で大きな決断をしたメンバー、それぞれの思い

Lipo

管理部
1970年代前半メンバー

 

 

Yoshio

Biz-Dev事業部
1970年代前半メンバー

 

 

Yuto

Biz-Dev事業部
1970年代前半メンバー

アプティを選んだ理由に関して


myicon

40代も終わりが見えてきて、社会人としては折り返しも過ぎゴールに向かう感じがありました。
その様な状況で転職する場合、経験やこれまでやってきたことを重視して会社を選びますし、採用側も経験プラス会社へのメリットを重視するはずですが、業界未経験の私に興味を持ってもらったことが私にとってはまず奇跡の体験でした。
私自身会社を選ぶ際に、本気の苦労や本気の失敗を経験した人と一緒に仕事をしたいと思っていました。
アプティのサイトを拝見したところ、社長自ら大変な苦労を経験されて、創業メンバーも苦労を重ねて今があるという内容でした。
社長との面談でもそういった話を聞けてとても良い会社と出会ったと思い入社したいと強く感じました。


myicon

私も20数年勤務した会社で、業務への慣れもあり、多くの人間関係もあり、様々な経験をさせてもらい、徐々に先も見えてきたタイミングでした。
しかし「このまま終わってはいけない」という漠然とした危機感があり、転職を考えていました。
社長からビジョンをお聞きし、その内容に大きな刺激を受け、大変ワクワクし、「この会社での仕事を通じて、改めて第二の社会人人生に挑戦したい」と考えたことが理由です。
元々社長が友人であったことも後押しになりました(笑)


myicon

私もチャレンジしたいという思いから転職しました。
・前職の会社が事業を大きくする事に対して消極的になり、安定志向に転換したこと。
・個人での仕事がメインだったので、チームを組んで大きな取り組みにチャレンジできるような仕事をしたかった。
これがアプティでは叶いそうだと率直に思いましたね。

平均年齢28歳という若い会社に入社してみての感想


myicon

元気の良さや会社の持つ勢いという点で「やはり皆若いなぁ・・・」と感じることは多々あります。
ただ、どの社員の皆さんも人柄が良く、誰に対しても挨拶し、分け隔てなく接してくれることもあり、仕事上の年齢差は正直感じたことはありません。
ただ、雑談ではジェネレーションギャップを感じることがあり、自分の年齢差を痛感しますが(笑)


myicon

私も入社初日に感じたのはとにかく礼儀が良いな、です。それは今でも同じです。
そして縦社会にありがちな言わされている感じではなく自ら体現していると思いました。
平均年齢が28歳というのは若い感じがしますが、幼さみたいなのは感じたことがありません。
ただ、ランチや休憩の際のちょっとした雑談を聞いているとやはり若いなと思います。


myicon

活気は皆さんと同じく私も感じました。活気とやる気に満ち溢れた人が多いので、とても刺激になっています。
経験を積み重ねるごとに、頭でっかちな発想や行動になってしまっていたのが、柔軟な発想で即行動に移すといった基本的な事を思い出し、団塊ジュニア世代の底力を見せつけたいと思います。

日頃若い社員に接する際に心掛けていること


myicon

この会社における経験という意味では、当然私よりも長く勤め、そして会社のことをよりよく知っている社員はおり、私自身教えてもらうことは沢山あります。
とは言え、20年を超える社会人生活を通じて培った知識・経験が自分にはあり、それを共有するというスタンスでアドバイスするようにしています。
また、何かを指示したり、依頼する際も、必ず背景も伝えることも意識しています。
キチンと納得感を持ってもらうことも若い社員に対しては重要なことですので。


myicon

私はコーチングを習っていたので、同じ目線で伴走する事を心掛けています。
・否定をしない。
・分かりやすい言葉で話す。
・同じ社会人として接する。
・話しかけて来やすいように、業務中は基本的に笑顔で。
・迎合はしない。
このあたりは意識していますね。


myicon

皆さん色々考えていますね。
私は若いからといって特別心掛けていることはありません。
年齢関係なく意見や考えかたは尊重しようと心掛けています。


myicon

「誰が言ったかではなく、何を言ったか」を会社も大事にしてますからね。
その考え方も大事ですよね

我々が出すことのできる価値


myicon

年齢も50に近づき、これまでの経験を生かして、いかに後進を育てていくか。
また、これまでの経歴から、全く関係のない業界や全く異なる会社規模の実例などを生かして、現在の業務でアウトプットを出す・・・
これらが我々ぐらいの社会人経験を持つ社員に課せられている責務であり、出せる価値だと考えています。


myicon

経験を活かして、前職の良かったルール取り入れる、また失敗事例から現ルールで問題がありそうな箇所を修正して、よりよく改良した組織づくりに役立てる。
目印となるマイルストーンを置いてあげて、若い社員の道筋を作る事が使命であり、価値につながると思って行動しています。


myicon

自分自身に価値があると思ったことが無いので価値が出せるかどうかはわかりませんが、
若いころに多くの先輩方との付き合いの中で頂いた助言が無ければ今の自分は無いと思いますし、厳しい意見や指導があってこその今だと思っています。
私が体感して成長できた言葉や、アドバイスを次の世代に受け継いでいくことが私の社会人としての価値になるのかもしれません。


myicon

我々も皆さんの成長をお手伝いします。
NOTフレッシュなので新しく入社してくる皆さんとは年代は違うかもしれませんが、同じ志を持つ仲間として皆さんを歓迎します!